クレンジング基礎知識

クレンジングジェルの種類はいろいろ!人気クレンジングをチェック

ここ数年、クレンジングの種類が増えてきたように感じます。
お肌への優しさを謳ったものが多くなりましたね。

クレンジングジェルもそのひとつ。

ここではクレンジングジェルについて、詳しくお伝えします。

クレンジングジェルとは?

多くの女性誌でも紹介され話題になっているクレンジングジェル。

ジェル特有のとろみのあるテクスチャが特徴のクレンジング料です。
多くのユーザーが、お肌への馴染みが良く使いやすいと感じています。

摩擦などによる刺激が少なくて済むので
「お肌に優しい」クレンジング料だということができます。

洗浄力については、オイルクレンジングと
ミルククレンジングとの中間くらいだと考えてイイです。

いつもばっちりメイクをしていて、
オイルクレンジングを利用している場合は
ジェルタイプの洗浄力は物足りなく感じるかもしれません。

ですが、洗浄力以外にも美容成分を含んでいるものが多いので
使い始めると手放せなくなる人も多くいます。

クレンジングジェルの商品によって、成分の配合量に違いあるので
よくチェックをして、自分のお肌にあうものを選ぶようにしましょう。

クレンジングジェルの種類はいろいろ

クレンジングジェルは成分によって3種類に分けられます。
水性クレンジング(オイルインとオイルフリー)、油性クレンジングです。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

オイルイン水性クレンジングジェル

一般的にジェルタイプは界面活性剤で汚れを落とします。
それに加えて、油分も少し含まれている水性クレンジングです。

○特徴
・メイクとの馴染みが良く伸びもよい
・さらっとした洗い上がり
・オイルタイプと比べると濃いメイクは落ちにくいのでナチュラルメイク向き

水性クレンジングで、オイルフリーの表記がない場合は
オイルインだと考えられます。
商品によっては刺激が強い界面活性剤を使用している場合もあるので
注意が必要です。
石油系の界面活性剤はNGです。

オイルフリー水性クレンジングジェル

油分が入っていない水性クレンジングジェルです。
界面活性剤で汚れを落とします。

○特徴
・洗い上がりがさっぱりとしている
・マツエクに使える
・オイルタイプに比べると洗浄力が劣るのでナチュラルメイク向き
・低刺激でお肌にやさしい

界面活性剤と言うと食器洗いの洗剤のような、刺激の強いイメージを持つかもしれませんが
クレンジングジェルに使われる界面活性剤は、
アミノ酸系界面活性剤を配合しているものが多いです。
ですから、お肌に必要な成分は洗い流さずに汚れだけを落としてくれます。

お肌に優しいので、乾燥肌や敏感肌でも安心して使えるものが多く販売されています。

油性クレンジングジェル

オイルを主成分としたジェルタイプのクレンジングです。
油性の場合、成分表示の最初のほうに「○○オイル」と油分の成分名が記載されています。

○特徴
・水性よりも洗浄力に優れ、濃いメイクでも比較的落ちやすい
・すこし硬めのテクスチャ
・お肌のタイプによっては乾燥気味になってしまう場合も

水性タイプよりもしっかりとメイクを落としてくれるのが特徴です。
その反面、お肌に必要な皮脂分まで洗い流すこともあるので
成分チェックは必要です。

お肌の状態によっては、乾燥気味に感じることもあるかもしれません。

クレンジングジェルの選び方

それぞれの商品の販売サイトなどを見ると、
口コミが寄せられていますね。
それらの口コミを参考にしつつ、自分のお肌にあうクレンジング料を選ぶことが大切です。

選び方を間違えると肌トラブルを引き起こしてしまいますよ。

ポイントは2つです。

1.自分のメイク
メイク汚れはその日のうちにキレイに落とすことが基本です。
なので、日頃のメイクの濃さによってクレンジングを選ぶようにしましょう。

ベースメイクが濃い場合は油性クレンジングジェル、
薄い場合は水性クレンジングジェルといったように
メイクの濃さで使い分けるというのもイイ方法ですよ。

2.お肌のタイプと状態
どんな化粧品でも肌トラブルが少ない普通肌の場合は
自分の好みで選んでいいのですが
乾燥肌や敏感肌、インナードライのお肌は注意が必要です。

選び方を間違えると、ますます乾燥してしまいます。

これらのお肌のタイプはバリア機能が低下していますので
刺激の少ないクレンジングを選びましょう。

メイクも濃いメイクは避け、できるだけナチュラルメイクがいいですね。
お肌の負担を軽減し、保湿重視のクレンジングを選びたいものです。

「クレンジングジェルの種類はいろいろ!特徴と使い方」のまとめ

管理人
管理人
クレンジングジェルはお肌に合うものを第一に選びましょう!

クレンジングジェルは振り幅は大きくて、商品によって成分が違います。
自分のお肌の状態やメイク、マツエクなどの条件を考え、
できれば成分もチェックして選ぶようにしたいですね。

エイジング世代は洗浄力よりもお肌への優しさ重視で選ぶと失敗が少ないです。
とはいえ、メイクが落とせないといけませんから
メイクの状態によって使い分けるのが良い方法のようです。