クレンジング基礎知識

クレンジングの選び方/ニキビもすっきり!美肌と汚肌の分かれ道

クレンジング料の選び方の基本を知ろう

管理人
管理人
各メーカーがいろいろなクレンジングを販売していますよね。

今までだったらクレンジングを選ぶポイントは
「洗浄力とお肌への刺激」で選べばよかったのですが
種類も増えて、どこが違うのか、迷ってしまいます。

乳液タイプやオイル、クリーム、拭きとりシートなど、さらにホットジェルなどもあります。

同じタイプでもメーカーによって成分が違うので、
洗浄力やお肌への刺激も違ってきます。

「じゃ、どう選べばいいの~~??」

管理人
管理人
ニキビや吹き出物などお肌のトラブルのない、
美肌を保つためには洗顔はとっても重要ですよね。

同じように、クレンジングもいい加減に行っていたら
お肌の老化は、どんどん進んでいってしまいます。

日々の積み重ねがとても大事ですから
後悔しないようにクレンジング料を選びましょう。

そのためには、クレンジング料の種類、特徴を知ることです。
特に、界面活性剤やオイルの知識を持っていると役に立ちますよ。

そして、クレンジング料を使う目的や好みをはっきりさせることです。

例えば、メイクをばっちりしているので洗浄力を重視したいとか
毛穴がすっきりするものがいいとか、お風呂で使いたいとか・・。

クレンジング料はテクスチャーもそれぞれ違います。

あなたの生活習慣で、継続して使えるものを考えて選ぶといいでしょう。
もちろん、あなたのお肌に合うものを選ぶことがとっても大事ですよ。

いくつかタイプの違うものを使ってみて、
いちばんしっくりと馴染むクレンジングを選ぶというのもいいですね。

管理人
管理人
ばっちりメイクをした日と、ナチュラルメイクの日と
クレンジング料を使い分けるというのもイイ方法だよ♪

クレンジング料の成分を知ろう

クレンジング料には主に、メイクを落とす働きがある油分と界面活性剤が配合されています。
その割合はクレンジングの種類やメーカーによっていろいろ工夫されています。

ちなみに、クレンジングに主に使用される界面活性剤は、イオン界面活性剤と非イオン界面活性剤です。

メイク落としには、界面活性剤が多く配合されているほうが効果を感じやすいのですが、
その反面お肌への負担が大きくなるというデメリットがあります。

また、汚れを落とすだけではなく、潤いを保つクレンジング料には
さまざまな美容成分を配合しているものもあります。

クレンジング料と洗顔料の違い

W洗顔というと「クレンジング+洗顔」ということは常識なのですが
その違いを尋ねられると、きちんと答えられますか?

美肌を保つには、それぞれの目的をきちんと理解して使いたいものです。

クレンジングはメイクを落とすことを目的としています。
下地クリームやファンデーションなどの油分を落とします。
この油分を落とすには界面活性剤が必要なのです。

でもこの配合量が多いと、お肌への負担が大きくなります。

一方の洗顔料は、お肌の余分な皮脂やほこり、
汚れを落とすことを目的としています。
つまり、メイクはクレンジングで落とし
お肌の汚れなどは洗顔料で落とすということですね。

ニキビを改善したいから
ゴシゴシ洗浄力が強いクレンジングを選べばイイのかというと
そう言う訳ではないのです。

自分にあったクレンジングを選びたい

自分にあったクレンジングを選ぶことが基本です。

この「自分にあった」ということは
あなたのお肌のタイプや生活スタイル、メイクの濃さなどです。

管理人
管理人
友人がイイと言っているクレンジングが、
あなたに合うとは限らないよ!

好みも生活も違うし
お肌のタイプも年齢も違いますからね~
さらには、お肌の悩みも違うはずです。

お肌の悩みは、クレンジングだけで改善することはありませんが
少しでも良い方向に向かうように
お肌の負担を少なくしてあげることも大切なのです。

30歳を過ぎると、だんだんとお肌の老化を感じる頃です。

自分のお肌と向きあい、クレンジングを選ぶようにしましょう。

「クレンジングの選び方/ニキビもすっきり!美肌と汚肌の分かれ道」のまとめ

管理人
管理人
この記事のまとめだよ~~!

クレンジング料にはそれぞれ特徴がありますから
まずはその特徴を知ることは大切です。

今あなたが使っているクレンジング料の
成分などを確認してみましょう。
最近はクレンジング料のタイプも様々です。

あなたのお肌に合う、そして負担が少ないクレンジング料を使いたいですね。

クレンジングはスキンケアの基本ですから
美肌へ導くにはとても大事な行程です。
手を抜かず丁寧に行いましょう。