マナラホットクレンジングゲル

マナラホットクレンジングゲルの成分はホントに安全?

マナラホットクレンジングゲル

多くの雑誌に取り上げられ、
ホットクレンジングの中では人気が高い「マナラホットクレンジングゲル」ですが
成分が気になりますよね。

「美容液クレンジング」だと言われたりもしていますが。

安心して使うためにも、その成分を調べてみました。
マナラホットクレンジングゲルのホントの凄さがわかりますよ。

「マナラホットクレンジングゲル」の全成分はこれ

マナラホットクレンジングゲルに含まれている成分は
パッケージに記載されています。
マナラホットクレンジング

これだけたくさんの成分が含まれているんですよね~
基本的に、配分量が多い成分が上位に記載されています。

どんな働きをするのか成分をチェック!

いろんな成分が含まれているのは分かるんですが、
素人からしたら、どんな働きをするのか分かりません。
なので、具体的に調べてみましたよ(^^)

配合されている成分は、主に
美肌、保湿、エモリエント、界面活性剤、
そして、抗酸化、基材・増粘、美白、抗菌、類似ホルモン、
免疫賦活、防腐剤に分けることができます。

ひとつひとつ見ていきますね。

○ 美肌

・シアノコバラミン
ビタミンB12と呼ばれる代表的なコバラミンの一種。
ミネラルの一種であるコバルトを含んでいるため暗赤色です。

○ 保湿

・グリセリン
天然油脂類をアルカリでケン化した時に、
石けん素地とともにできる無色でやや粘性のある液体。
古くから使われてきた、代表的な保湿剤です。

・DPG(ジプロピレングリコール)
お肌に対するベタつきが少なくサラッとした使用感で、
グリセリンなどと同じように
ベース成分の保湿剤として使われています。

・はちみつ
皮膚をなめらかにする性質があり、
肌荒れを防ぐ作用や乾燥した肌に潤いを与える独特の保湿感があります。

・ヒアルロン酸Na
わずかに特異なにおいのある白色~淡黄色の粉末。
肌によくなじみ、しっとり感や保水力に優れています。
ですが、ヒアルロン酸Naだけで使用しても
20分~40分でほとんどの水分は蒸発するため、
高い保湿力を維持するには、グリセリンなどの保湿剤と一緒に使う必要があります。

・セレブロシド
セラミドに糖が結合したもので、糖セラミドの総称です。
セレブロシドには、
ガラクトシルセラミドとグルコシルセラミドの2種類に分けられます。
このあたり、いろいろと調べると
似たような成分名でかなり複雑です。
なので、簡単に^^;
セラミドの合成酵素で、お肌のセラミドを補うことはできないけど
セラミドの合成を促進するので保湿作用があります。

・ポリグルタミン酸
アミノ酸が数十から数千個ほど結合した天然の成分で、納豆由来です。
お肌の機能を正常化させてくれる働きがあり、
お肌が本来持っているはずの保湿力やバリア機能を取り戻してくれる成分です。

・ローヤルゼリーエキス
ミツバチの若い働きバチが分泌する粘性物質から得られるエキスです。
ローヤルゼリーエキスは滋養強壮というイメージだったのですが
化粧品に配合した場合、皮膚組織の新陳代謝を促進し、
シミや小ジワを防ぐ作用があるんだとか。
さらに皮膚の保湿性を高めてくれます。

・加水分解コラーゲン
アミノ酸が主な成分。
牛や豚の骨・皮などを酸、アルカリ、酵素などによって
加水分解してコラーゲン水溶液をつくります。
保湿効果をはじめ、皮膚や頭髪に保護膜を作る働きがあります。

・BG
石油由来のアセトアルデヒドを合成して得られる多価アルコール類で、
無色無臭でやや粘性のある液体。
メジャーな保湿剤のひとつです。

・グレープフルーツエキス
グレープフルーツから抽出されたエキス。
香りだけではなく、皮膚を滑らかに柔軟化させる保湿作用や
収れん作用もあります。

・ペンチレングリコール
グリセリンなどと同じ、無色透明の多価アルコールで
さっぱりした感触の保湿剤。

○ エモリエント(お肌を柔らかくして栄養分を補う効果のこと)

・オリーブ油
最近、健康番組などで良く取り上げられているオリーブオイル。
オリーブから抽出された植物油です。

栄養価が高く健康に良いことは知られているんですが
美容にも優れた効果が期待できるんです。

オリーブオイルに含まれている成分は
お肌を健やかに整えてくれる働きがあります。

オレイン酸・・保湿効果
ビタミンE・・肌を保護する
ビタミンA・・肌のハリと弾力を保つ
スクワレン・・保湿効果
ポリフェノール・・肌をすこやかに保つ
リノール酸・・水分保持

・PEG-10ヒマワリグリセンズ

・タイズ油

・スクワラン
アイザメなど深海に生息するサメ類の肝油から得られるスクワレンに
水素添加してつくられた無色透明の液体オイル。

お肌に皮膜をはって水分を逃がしません。
皮膚刺激性もないので、アトピー性皮膚炎や
乾燥肌、肌荒れなどに特化した化粧品に使用されています。

・サフラワー油
キク科植物のベニバナの種子からとれる淡黄色の液状油脂。
主成分はリノール酸で、エモリエント効果として知られています。

○ 界面活性剤

界面活性剤というと悪いイメージを持つ人が多いと思いますが
マナラホットクレンジングゲルに含まれている界面活性剤は、
合成のものではなく、植物性なので安心です。

・ポリグリセリル-10

・グリセリル

・ステアリン酸グリセリル

・ラウリン酸ポリグリセリル-10

○ 抗酸化

・カロットエキス

・トコフェロール

・ヘマトコッカスプルビアリス油

○ 基材・増粘

・水

・ミツロウ

○ 美白

・α-アルブチン

・トトラヘキシルデカン酸アスコルビル

○ 抗菌

・ローヤルゼリーエキス

○ 類似ホルモン

・ザクロエキス

・プエラリアミリフィカ根エキス

・ダイズエキス

○ 免疫賦活

・加水分解酵母エキス

○ 防腐剤

・フェノキシエタノール

注目の美容液成分って?

『クレンジングに美容効果なんて必要ない、洗浄力が大事』という
意見もある中で、
{マナラホットクレンジング}はなんと91.3%も
美容液成分が配合されています。

まさに美容液クレンジングですね。

では、注目すべき美容液成分についてお伝えします。

○ 保湿成分

先ほどもお伝えしていますが
お肌にとっても大事な成分です。

特に30代を過ぎたエイジング世代にとって欠かせません。
今疎かにしていると、数年後ばりばりの乾燥肌なっているかもしれませんよ。

・セラミド、ヒアルロン酸、はちみつ、スクワラン、コラーゲン、
グレープフルーツエキス、ローヤルゼリーエキス、ポリグルタミン酸

これらの美容保湿成分は、
洗顔後に使用する化粧水の浸透を高める働きもあります。
つまり、ブースター効果ですね。

ブースター美容液と同じ役目を担ってくれています。

○ 美白有効成分

クレンジング料には珍しく
なんと、美白有効成分が配合されています。

使い続けると、だんだんくすみが解消され
お肌がワントーン明るくなっていく働きがあります。

・α-アルブチン(ハイドロキノン誘導体)

ハイドロキノンに比べ、とても穏やかに作用するので
副作用はないと言っていいでしょう。

まとめるとこんな感じ♪
マナラホットクレンジングゲル 成分(※画像:マナラ公式サイトより)

「マナラホットクレンジングゲル」は無添加で安心

「マナラホットクレンジングゲル」は一切、添加物は入っていません!

————————————-

着色料、合成香料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、エタノール、紫外線吸収剤

————————————–

だから、敏感肌や乾燥肌でも安心して使用できるんです。

クレンジングなのに
美容効果も期待できて無添加だなんて、まさに理想のクレンジングだと言えます。

「マナラホットクレンジングゲルの成分はホントに安全?」のまとめ

お肌に直接つけるものだから
成分のチェックはとても大事です。

聞きなれない成分が多かったりしますが
パッケージ裏の成分表には、必ず目を通しておきましょう。

お肌に悪い影響を与える成分が入っていないので
これで安心して使い続けることができますね。

クレンジングはスキンケアでとっても大事なケア。

洗浄だけのシンプルなクレンジングでも良いかもしれませんが、
洗顔後のスキンケアを
よりよくしてくれるクレンジングのほうが
お肌にとってもうれしいことだと思います。