クレンジング基礎知識

クレンジングのメリット・デメリット/敏感肌も安心!購入前にチェック

口コミや評判を見たり聞いたりして購入したけれど
何だか合わないという経験をしたことはありませんか?

自分にあうクレンジング、納得のいくクレンジングを見つけるには
まず、そのクレンジングのメリット、デメリットを知ることが大切です。

タイプ別クレンジングの特徴&メリット・デメリット

今はいろいろな種類のクレンジング料が販売されていますから
その特徴をしっかりと掴んでおきましょう。

ここではメリットやデメリットをお伝えし、
そのタイプのクレンジング料もご紹介しています。
クレンジング選びの参考にしてくださいね。

オイルクレンジング

油分がメインのクレンジング料です。
一般的に洗い流すタイプでお風呂場で使用できるものが多いです。

・メリット&デメリット

洗浄力に優れています。濃いメイクもしっかり落とすことができ、
目元などのポイントメイクもきれいに落とすことができます。

その反面、界面活性剤が配合されている割合が大きく、
お肌への負担が大きいです。

このタイプには
「アテニア スキンクリア クレンズ オイル」や
「ファンケル マイルドクレンジングオイル」などがあります。

リキッドクレンジング

使用できます

オイルフリーのものが多く、
テクスチャーがさらっとしていて使いやすい特徴があります。

・メリット&デメリット

マツエクを使用している人は、このリキッドクレンジングがいいですね。
サラッとしているので使いやすいですが
その反面、お肌への負担が大きいです。

その代表として、
「ディセンシア スキンアップリキッドクレンズ」があります。

クリームクレンジング

クリームタイプのクレンジングで、
拭きとるタイプと洗い流すタイプがあります。
生活スタイルに応じて選べるのでうれしいですね。

・メリット&デメリット

クレンジングとあわせて、マッサージ効果も期待できますが
ついこすり過ぎたり、長めに顔にのせておくので
お肌に負担になることがあります。

このタイプで評判なのは
「モイスティシモ クレンジングクリーム」や
「ビトケン Bファイン・クレンジングクリーム」などです。

ミルククレンジング

乳液のようなクレンジング料で
拭きとるタイプと洗い流すタイプがあります。

・メリット&デメリット

皮脂をとり過ぎないので、お肌がしっとりと感じます。
ですが洗浄力はさほど強くないので、バッチリメイクは落ちにくいです。

このクレンジング料は
「ママバター クレンジングミルク」や
「カバーマーク トリートメントクレンジングミルク」があります。
敏感肌の人に評判です。

ジェルクレンジング

水性タイプと油性タイプがあり、
最近注目を集めているホットクレンジングジェルもあります。

・メリット&デメリット

水性タイプの場合はマツエクにも使用できます。
とろっとしたテクスチャーなので
お肌をごしごし擦ることは少なく負担も少ないようです。

人気のジェルタイプは
「マナラ ホットクレンジングジェル」や
「オルビス クレンジングジェル」などがあります。

水クレンジング

コットンに含ませてメイクを拭きとるタイプが主ですが
洗い流すタイプもあります。

・メリット&デメリット

ふき取るだけの手軽さなので、忙しい時でも使いやすいです。
その反面、
ついお肌をこすってしまいやすいデメリットもあります。

水クレンジングには
「ドクターシーラボ ナチュラルクレンジングウォーター」があります。

「クレンジングのメリットとデメリット」のまとめ

お伝えしましたように、
クレンジング料にはそれぞれメリット、デメリットがあります。

自分のお肌のタイプや
普段のメイクに応じて、選びたいですね。

一つだけに限らず
数種類のクレンジング料を使い分けると
お肌にとっても負担が少なく、良いことだと思いますよ。