クレンジング基礎知識

オイルフリークレンジングの魅力!購入前に知っておきたい大事なこと

オイルフリー クレンジング

脂の汚れはアブラで落とす、と思っている人も多いと思いますが
あなたはどうですか?

最近はやたらとめにつく「オイルフリー」の文字。
お肌に優しいといわれているオイルフリークレンジングなので、
今までオイルクレンジング派だったのにオイルフリーに変更した人が多いんだとか。

オイルフリークレンジングとは

オイルフリークレンジングとは、その名の通り、油分を含んでいないクレンジングのことです。
オイルのぬるぬる感がなく、さっぱりと洗い上がります。
マツエクにはオイルフリーのタイプを・・・とはよく言われていますよね。

オイルクレンジングは洗浄力には優れているけれど
お肌にとっては負担が大きいということが知られるようになり、
最近はオイルフリーのクレンジングを選ぶ人が増えてきました。

管理人
管理人
注目されているオイルフリー。
そのメリットとデメリットをお伝えしますね!

オイルフリークレンジングのメリット

オイルフリータイプのメリットとして、お肌に優しいことが知られていますね。
他にもいくつかメリットはあります。

・さっぱりと洗い上がる
オイルクレンジングはどうしてもぬるぬる感が残ります。
その反面、オイルフリーはさっぱりとした使用感が特徴です。

・マツエクに使用できる
マツエクに使用されている接着剤がオイルに弱いんですね。
ですから、大事なマツエクを長持ちさせるためには
オイルフリーのクレンジングを使うようにしましょう。

・お肌が乾燥しにくい
大事な皮脂まで取り過ぎることがないので、お肌の乾燥を防ぎます。
洗浄力が強すぎるクレンジングはお肌を乾燥させる場合はありますよ。

・お肌に優しい
最初にお伝えしましたが、洗浄力が強すぎないのでお肌に優しクレンジングです。
洗浄力が強くないと言っても、普通のメイクやナチュラルメイクなら
十分に落とすことができます。

オイルフリークレンジングのデメリット

メリットがあると当然、デメリットもあります。

・洗浄力が弱い
オイルクレンジングに比べると洗浄力は弱いです。
ウォータープルーフのものは落ちにくいので
オイルクレンジングに慣れている場合は物足りなさを感じるかもしれませんね。

・界面活性剤が多く入っている場合がある
オイルフリーだからと安心していると、中には洗浄成分が強い界面活性剤が
多く配合されていることがあります。
配合量は購入前に確認しにくいので、お肌が弱い人は注意しましょう。

おすすめのオイルフリークレンジング

お肌への負担が少ないオイルフリーのクレンジングをご紹介します。

管理人
管理人
ナチュラルメイクの時などに使ってみてくださいね!

◆ リダーマラボ「モイストクレンジングジェル」
こんにゃく由来のスクラブが特徴のクレンジングジェルです。
毛穴ケアに定評があり、透明感のあるワントーンアップのお肌に導いてくれます。
オイル成分だけではなく添加物もフリーです。

◆ オルビス クレンジングリキッド
人気コスメブランドの「オルビス」のクレンジング。
オイルフリーなのにメイク落ちが優れていると評判です。
濡れた手や顔でも使えるのも高評価のポイントです。

◆ 無印良品 オイルフリーリキッドクレンジング
無印良品のコスメは、お手頃価格で充実しているのでおすすめです。
さっぱりした仕上がり。
濡れた手や顔もOKなのもうれしいところです。

「オイルフリークレンジングの魅力!購入前に知っておきたい大事なこと」のまとめ

管理人
管理人
魅力を最大限に発揮できるように使いたいね。
このページのまとめです。

クレンジングにおいて、いくらお肌に良いからと言って
メイク落ちが悪いのは最大の欠点ですよね。

なので、オイルフリーのクレンジングだけに頼るのではなく
ポイントメイク用や濃いメイク用など、
いくつかのクレンジングをTPOに応じて使い分けるのがイイですよ。

またお肌の調子や季節によっても使い分けましょう。
おすすめのクレンジング料も参考にしてくださいね。