クレンジング基礎知識

クレンジングの種類や特徴を徹底調査!見逃せない大事なコト

クレンジングは洗浄力の強さでタイプが湧かれています。
おもにオイル、クリーム、ジェルなどです。

最近はその洗浄力に加えて、
美容成分を含んでいるクレンジング料も増えてきました。

ここでは主なクレンジングについて詳しくお伝えしますね。

オイルクレンジング

オイル=油 ですから見た目にも、すぐに分かりますよね。

メイクと同じ油分ですから
お肌への馴染みが良く、しっかりメイクもすぐに馴染んで落としてくれます。

洗浄力が高いので、
アイメイクなどのポイントメイクもバッチリです。

ですがデメリットもあります。

洗浄力が高いので、お肌への負担は大きいです。
汚れを落とす界面活性剤が配合されている割合が高いのです。

また、お肌のすべりが良くなるために
必要以上にこすりすぎてしまう場合もあります。

結果として、お肌を傷めてしまうことになってしまいます。

洗浄力が高いということは
お肌にとって必要な皮脂まで取ってしまうということなので
お肌が乾燥することもあります。

30歳以降は、特にお肌が乾燥しやすくなりますから
注意しましょう。

ポイントメイクだけにオイルクレンジングをするというのも
ひとつの方法だと思います。

ミルククレンジング

ミルクタイプのクレンジングは、クレンジング料の中でも
あまり洗浄力は優れていません。
でもその分、お肌への刺激は少ないので敏感肌など、お肌の弱い人に向いています。

また普段、ナチュラルメイクの人はミルククレンジングがいいでしょう。
オイルクレンジングで落とすほどのメイクを
していないからですね。

ただ、ミルククレンジングの使用法に気をつけたいですね。

お肌への負担が少ないからと言って
ゴシゴシこすってメイク落としをすればお肌を傷めてしまいます。

ミルクタイプは水分が多いので
メイクと馴染みにくいので、ついこすってしまうんですよね~

クレンジング料を手のひらに取り温めてから使うと、馴染みやすいですよ。

クレンジングジェル

その名の通り、ジェル(ゲル)タイプのクレンジングです。

トロットしたテクスチャーで
指がお肌に直接つくことはないので、
ゴシゴシこすってしまうということは考えられません。

クレンジングジェルでもタイプが分かれ
オイルフリーだったり水性だったり、オイルインの水性だったり。

マツエクをしているなら
オイルフリーのクレンジングが必要になってきます。

洗浄力も違ってくるので、
購入前にどのタイプのジェルなのか、確認したいものです。

リキッドクレンジング

水分をベースにしたローションタイプのクレンジング料です。

コットンにとって
お顔を拭きとるだけなので、帰宅後にすぐ使えとても手軽です。
私も以前、使った事があります。

水が主成分だからと言って洗浄力が弱い訳ではありません。
むしろ、強いといったほうがいいですね。

実は、界面活性剤の量が多いんです。
ということはお肌への負担も大きくなります。

コットンで拭きとるので
自分が思っている以上に、ゴシゴシとこすっているかもしれませんよ。
また、完全に拭きとれず、お肌に残ってしまうこともあります。

もちろん、その後の洗顔は必須です。

クリームクレンジング

クリームタイプは使った事があるかもしれませんね。

お手頃価格で、メイク落としとマッサージができるアレも
クリームタイプですね。

オイルと水分のバランスが良いので使いやすいです。
拭きとるタイプと洗い流すタイプがあります。

私は拭きとるタイプを使っていましたが
お肌の負担を考えると、洗い流すタイプのほうが
負担は軽減されるようです。

ホットクレンジング

今注目を集めているホットクレンジング。

クレンジングに限らず、お肌を温めることは美容にとってイイことなので
その効果を狙っていると言っても過言であありません。

毛穴は開きやすくなるし、汚れは浮いてくるし
美容成分は浸透しやすくなるので、イイことばかりです。

なので、ホットクレンジングジェルには
メイク落としだけではなく、美肌効果も期待できるものが販売されています。

まだ使っていなかったら
一度使って体感してみるのもいいですね。

お肌への負担が少ないと言われているホットクレンジングジェルですが
人によっては、お肌にピリピリと刺激を感じる人もいます。
また、濡れた手や顔での使用はできないので
不便だという人もいます。

肌質や使う用途に応じて選びたい!

ご紹介したクレンジングの他にも
炭酸クレンジングやシートタイプなどがあります。

肌質やその時のメイクの状態などによって
いくつかのクレンジング料を使い分けるといいかもしれませんね。

ナチュラルメイクの日やバッチリメイクの日、
または部分メイクを落とすクレンジング料は違います。

洗浄力や刺激をチェックしつつ、
あなたのお肌にあったクレンジングを見つけてくださいね。